【カウンター】

2009/11/25からカウント開始♪
2006/09/01から2009/11/24までのカウントは不明★

プロフィール

ちな@水野智苗

Author:ちな@水野智苗
◎声優・ナレーター水野智苗(みずのちなえ)のブログへようこそ!
◎ブログのURLで飛んでいる数字のページは、その日付のスペースだけを下書きとしてキープしてあります。本文入力次第、随時公開予定。
◎ちなみに宣材写真は古いものです。たまにブログ本文に出てくるケータイ写真との落差に引かないでください……。
◎本業=声優・ナレーター・朗読ナレーション講師
◎副業=オフィスワーク系(電話OP・OA事務等)または接客系(いろいろ)
◎「いつか必ず本業だけで食べていけるようになる!」と信じて頑張りすぎないていどに頑張る、永遠の27歳。(←こら!)

【ちなのお薦め】

↓ちなのお薦めポイントサイトです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わからなくても別に恥ずかしくはないと思う。

> 「DQN」はドンキーコング? 恥ずかしかったネット用語の勘違い
> (マイナビニュース - 04月02日 17:10)
>
> 次から次へと登場するネット用語。新しい言葉についていけず、とんでもない認識をして恥ずかしい思いをしたという人もいるのではないでしょうか。マイナビニュース読者に「正しい意味がわからず勘違いしていたネット用語」について聞いてみました。
>
> 調査期間:2012/2/1~2012/2/8
> アンケート対象:マイナビニュース会員
> 有効回答数 1,000件(ウェブログイン式)
>
>
> 「『orz』。寝言かなんかかと思ってた」(23歳/女性)
>
> 語尾に付くことが多いので、それはそれで何となく意味が通ってしまいそう。
>
> 「『リア充』はリアディゾンのようにすぐに離婚する人たちの事だと思っていた」(28歳/女性)
>
> 斬新な解釈ですね。
>
> 「友達が『kwsk』と書いていたのを、『川崎さん(Kawasaki)』の略語だと思った」(31歳/女性)
>
> 川崎さんを略す意味が分からないですが……。
>
> 「『DQN』はドンキーコングだと思っていた」(25歳/男性)
>
> 「あいつマジDQN」という書き込みは、「あいつマジ太っているゴリラのよう」あたりでしょうか。容姿を悪く言うのはやめてあげてください!
>
> 「『情弱』を情けない人だと思っていた」(20歳/女性)
>
> 「情けに弱い人」という風にも考えられますね。
>
> 「『ノシ』。のしってなんだろうと思い、『のしって何?』ときいてしまった」(25歳/女性)
>
> のし袋とかありますもんね。
>
> 「『wktk』。キオスクだと思っていた」(25歳/女性)
>
> よく見ると一文字も合ってません。
>
> 「『ネ申』。ふつうに『ねもうす』って読んでいた」(23歳/男性)
>
> そもそも『ねもうす』って何でしょうか。
>
> 「『8888888』って、人が一列に並んでいる行列のことかと」(28歳/女性)
>
> 言われてみれば、きれいに整列した人に見えなくもないような……。
>
> 最近のネット用語が分からず、「リア充ちゃんだね☆」なんて言われてしまった人がいたら、これを機に覚えてみてはいかがでしょうか。知っているからなんだという話でもありますが、知っていたらそれはそれでネットが楽しくなるかもしれません。
>
> ■回答
> 『8888888』=拍手。ぱちぱちぱち……という拍手を表現している
> 『orz』=oを頭に見立て、人が手をついてうなだれている様子を表したアスキーアート
> 『リア充』=リアル(現実)が充実している人のこと
> 『kwsk』=詳しく(kuwashiku)の略称
> 『DQN』=ネット用語の一種で非常識な若者を指すことが多い
> 『情弱』=情報弱者の略称
> 『ノシ』=手を振っている絵文字「(・ω・)ノシ」を誤って読んだもの
> 『wktk』=楽しみでワクワク(wakuwaku)し、テカテカ(tekateka)すること
> 『ネ申』=神。自分よりすごい人を呼ぶときに用いる
>
> (山本莉会/プレスラボ)


 ニュースのタイトルは「恥ずかしかったネット用語の勘違い」となっていますが、恥ずかしいですか?
 この記事を読んだ時点でわからなかったのは、「8888……」と「kwsk」の二つ(だけ? も?)ありましたが、『知らなかったからといって恥ずかしいことはない』と思いますし、『知っていたからといって別に偉くない』とも思いますし、こういう用語を(「ギャグとして」あるいは「ネタとして」狙ってではなく)普段使いする人がいたら、むしろそのほうが恥ずかしい気がします。

 こういった隠語的なものは、仲間内でしか通じないからこそ、仲間同士の連帯感を強めるのに役立ったりもするわけですが、一歩間違うと、そういう用語がわからない人にも読んでもらいたいはずの(ブログやBBS等の)文章にも多用してしまって反感を買ったり、わからない人を(それこそ「情弱」として)下に見る風潮が生まれたりしかねないので、要注意、なのですよね。

 たとえば、飲食店勤務のスタッフの間で、「トイレに行ってきます」の代わりに、「1番行ってきます」とか「チェック行ってきます」と言ったりするわけですが、その1番だか何番だかほかの言葉だかに関しては、お店によって違います。
 もう一つ例を挙げておくと、「飲食店に本来出没してはならない、妙にすばしこくて生命力と繁殖力が強くて時には飛んじゃったりもする『あの虫』」(※その単語を目にするだけでも気分が悪くなる、という方がいらっしゃることを知っているので、あえて迂遠な表現をしています。)のことも、お店によって「太郎さん」「5番」などと呼び方が違います。
「うちの店では1番は休憩で、3番がトイレだったもん!」
 とか、
「わたしのときは、太郎さんは鼠で、次郎さんが『あの虫』だった!」
 とか、むしろ違って当然、飲食店勤務経験があれば誰にでも通じると思うと大間違い! ということです。

 ところで今更なんですが、wktkって、どうして「ワクワクテカテカ」なんですか?
 wkdk(ワクワクドキドキ)ならもうちょっとわかりやすいのに。
 出典をご存じの方は教えてください。
 あと、DQNの意味は知っていましたが、読み方は「ドキュン」で合ってるんでしょうか?

 閑話休題。
 テレビを見ながらだらだら書いていたら眠くなったのでいきなり結論を急ぐと、『「わかる人にだけわかる」言葉をむやみに多用するのはやめましょうね』という話でした。
 もう何年も前のことですが、わたしのサイトの掲示板にがんがん某巨大掲示板用語的なものを書き込む人がいて、ちょっと気分を害したことがあったのです(^-^;
 あと、リアルに「雰囲気」を「『ふんいき』か『ふいんき』かいつも迷う★」という友達がいたため、別の友達が「なぜかふいんきが変換できない」と書いていたのに対して(某巨大掲示板ではお約束のネタとは知るよしもなく)大まじめにレスをつけたことがあったりもしたので、ネットやってる人間が誰でも某巨大掲示板にアクセスしていると思わないでよねっ! という気持ちがちょこっとありまして。

 まあ、もともと職業柄、「できれば古き良き美しき日本語を正しく次の世代にも伝えたい」という立場でもあるので、日本語を母国語として育った日本人ならば中学生でも(できれば小学生でも)わかるような平易な言葉を使いつつ、ときどきあえて辞書を引きたくなるような単語を織り交ぜて書くのがわたし流。
 今回なら、「閑話休題」と「迂遠」が、わからなかったら辞書を引いてね、という単語ですね。「平易」は引くまでもないかな。

 まあともかく、最近ブログをサボりまくりですが、新年度にもなったことだし、今後はもうちょっと更新を頑張る予定です。
 なんかもうまともな文章になっているかどうかさっぱり自信がありませんが、ともかく2時を回ったので寝ます。
 おやすみなさいませm(_ _)m

スポンサーサイト

テーマ : どうでもいいかもしれないニュース - ジャンル : ニュース

<< コカ・コーラパークビンゴ大会第2弾 | ホーム | 『半年に一度の「たまの贅沢」企画 Vo.2~上野編~』1日目 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。