FC2ブログ

【カウンター】

2009/11/25からカウント開始♪
2006/09/01から2009/11/24までのカウントは不明★

プロフィール

ちな@水野智苗

Author:ちな@水野智苗
◎声優・ナレーター水野智苗(みずのちなえ)のブログへようこそ!
◎ブログのURLで飛んでいる数字のページは、その日付のスペースだけを下書きとしてキープしてあります。本文入力次第、随時公開予定。
◎ちなみに宣材写真は古いものです。たまにブログ本文に出てくるケータイ写真との落差に引かないでください……。
◎本業=声優・ナレーター・朗読ナレーション講師
◎副業=オフィスワーク系(電話OP・OA事務等)または接客系(いろいろ)
◎「いつか必ず本業だけで食べていけるようになる!」と信じて頑張りすぎないていどに頑張る、永遠の27歳。(←こら!)

【ちなのお薦め】

↓ちなのお薦めポイントサイトです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nosebleed

 ええっと、まず最初にお断り。
 今日の日記は「鼻血」の話なので、血を実際に見なくても、話を聞くだけでも気持ち悪い、というタイプの方は、このブログはスルーしてくださいね♪

 というわけで、タイトルは、「鼻血」を和英辞典で引いたら出てきた単語です。
 ブログのタイトルが「鼻血」って、なんか生々しくていやかなあ、と思って、英語でぼかしてみました。
 って、2行目で力いっぱい書いていればどのみち同じかもしれませんが(^^;

 世の中には鼻血の出やすい人とちっとも出ない人、二通りのタイプがいるようですが、わたしは子どもの頃から、しょっちゅう鼻血を出していました。
 小学生の頃、あまりにもそれが頻繁だったために白血病を疑われ、学校を休んで、母と一緒に総合病院まで検査に行ったことがありました。
 幸いにして、白血病もその他の病気もなく、どうも普通の人より鼻の血管が細くて切れやすいらしい、という結論に達して、特になんの処置もされませんでした。

 大きくなったら治るかと思っていたらそういうものでもないらしく、中学生のときも高校生のときも大学生のときも、大学を出てアルバイトをしながら声優養成所に通っていたころも、結婚してからも、プロの声優になってからも、なんでもないのに――いやなんでもなくはないか、無理と思わず、あるいは無理と気付かずに無理をすると、やっぱり鼻血が出ます。
「鼻血のときに出る血は体に良くない血だから無理に止めようとしないで出るだけ出したほうがいい」
 と言った人がいましたが、医学的根拠があるのかどうかは知りません。
 そもそも言った人が誰だったのか、記憶がいまいち曖昧ですし。

 とりあえずわたしの場合、鼻血が出ると鼻に小さく千切って丸めたティッシュを詰めて、仰向けに横たわって(ノドに流れてくるほど出血が大量な場合は極力飲み込まずにティッシュに吐き出して)、出血がおさまるのを待つ、というのがいつものパターン。
 鼻血が頻繁に出るときには、貧血に効くと噂のレーズンやプルーンを意識して食べて、あとついでにレバニラなんかも食べたりします。
 そうこうしているうちに、だいたい一週間から十日くらいで、
「あ、そういえば、今日も昨日もおとといも鼻血出てないや」
 と気付くいて、また穏やかな日常に戻るのです。

 でも。
 もうここ5年くらい、鼻血なんか出ていなかったんですよ。
 自分が「鼻血体質」(仮称。というかいま思いつきで書いてみた★)だということを忘れるくらいに。

 なのに、なのに。
 先週末あたりから、毎日のように鼻血が……。
 と言っても、
「鼻がムズムズすると思って鼻をかんでみたら、いやだわ、鮮やかな赤い色が混ざっているわね」
 というレベルでした。昨日までは。
 今日、ついに、何気なくパソコンに向かっているときに、鼻の奥をつつーっと冷たいものが走る気配を感じて、すかさずティッシュを当てて事なきを得る、という、ひさびさに本当に鼻血らしい鼻血が出てしまいました★(あー、よかった、炬燵布団を汚さずにすんで! 長年の経験の賜物だわ(苦笑))

 家族や友達に自分のような「鼻血体質」(仮)の人がいないのでほかの方がどうかはわかりませんが、わたしの場合、疲労が蓄積したときに鼻血が出るケースが多いような気がします。
 肉体的に、あるいは精神的に、ストレスがたまってくたくたになったとき。

 実は今週、ダーリンの体調が悪くて、会社をお休みしています。
 そうなるとわたしも、ひとつにはダーリンの看病のため、もうひとつには、ダーリンの体調が悪いと睡眠の質が低下してほとんど眠れなくなるわたし自身の体調悪化のため、大好きな「副業その1(ヘルプデスクオペレーター)」の仕事をお休みすることになってしまいます。
 眠れないことによる肉体的ストレス、ダーリンの躰が心配でたまらないことによる精神的ストレス、そのストレスを喋るという行為によって発散することができないことによる精神的ストレス、そして、自分が出勤できずに職場にご迷惑をおかけして申し訳ないと思うことによる精神的ストレス。
 そのあたりが、今回の鼻血の主な原因でしょうか。
 風邪をひいているわけでもないのに、37度台の微熱も出ていますし、やっぱり、疲労しているんでしょうね……。

 ともかく、今週末は3連休なので月曜までかけて体調を戻して、来週火曜日は、ふたりとも元気に出勤したいところです。
 ダーリンの体力が落ちているのはもちろんですが、お酒も飲まない煙草も吸わない甘い物も食べない、なんにも悪いことをしていないのに、どうして三十台の若さで病気のデパートになってしまったのか、と、考えても仕方のない繰り言が、ダーリンの頭の中でぐるぐる回っているようで、そのせいで精神的にも激しく落ち込んでしまっているものと思われます。
 どうも、わたしが眠っているあいだに、塩分を多く含む食品を勝手に買ってきて食べてしまうことがあるようなので(証拠隠滅が中途半端なのでわかってしまいます(^^;)、それはいまのダーリンにとっては【毒を飲む】のと同じ行為なのだということを、なんとか理解してもらえるように頑張らねば。

 考えてみたら、本人は、麻酔の影響で、麻酔が投与されていた期間だけでなくその前後の記憶もすっぽり抜け落ちている状態なので、自分が集中治療室にいたこと、一時は本当に危険な状態だったことを、実感できていないのです。
 ダーリンが麻酔で眠っているとき、このままダーリンが目覚めないのではないか、一緒に自宅に帰ることはできないのではないか、と本気で心配していたことや、ダーリンと一緒に健康で長生きしたいからこそ、食品分析表とにらめっこしながら、1日食塩6g相当以下になるような食事を用意しているのだということを、何度でも繰り返し話して、説得していきたいと思います。

 あー、それにしても、座っていてもくらくらするよー。
 出血量はたいしたことなかったのに、やっぱり貧血状態なのかしらん★
 ヘルプデスクで電話応対中に突然鼻血、とかいうことになったら目も当てられないので、ダーリンの体調だけでなく、どうにか自分の体調も立て直さなくては。
 ええと、とりあえず、頑張りすぎないように頑張ります!
スポンサーサイト

テーマ : 身体の悩み - ジャンル : ヘルス・ダイエット

<< 楽天オークションのキャンペーン♪ | ホーム | 続・「主婦」でなくてもカードは作れるか!? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。