FC2ブログ

【カウンター】

2009/11/25からカウント開始♪
2006/09/01から2009/11/24までのカウントは不明★

プロフィール

ちな@水野智苗

Author:ちな@水野智苗
◎声優・ナレーター水野智苗(みずのちなえ)のブログへようこそ!
◎ブログのURLで飛んでいる数字のページは、その日付のスペースだけを下書きとしてキープしてあります。本文入力次第、随時公開予定。
◎ちなみに宣材写真は古いものです。たまにブログ本文に出てくるケータイ写真との落差に引かないでください……。
◎本業=声優・ナレーター・朗読ナレーション講師
◎副業=オフィスワーク系(電話OP・OA事務等)または接客系(いろいろ)
◎「いつか必ず本業だけで食べていけるようになる!」と信じて頑張りすぎないていどに頑張る、永遠の27歳。(←こら!)

【ちなのお薦め】

↓ちなのお薦めポイントサイトです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

男らしさ・女らしさ

 ちょっと古い話だけど、13日の朝刊に、東京都が教育現場から「ジェンダーフリー」という用語を全廃し、男女混合名簿の作成も禁止する、というニュースが載っていた。
 男女別の名簿でしか学校生活を送ったことのないわたしは、男女混合名簿だとさぞ不便だろうと考えていたので、この決定はいいことだと思っているのだけれど、世間的にはどうなのかしらね?

 オリンピックの体操競技を見ていてつくづく思ったけど、男子体操と女子体操では、求められてるものがぜんぜん違うよね。男子は力強さやスピードを、女子は美しさやしなやかさを、という感じで。(もちろん、男子の美しさや女子の力強さだって必要ではあるんだけど。)
 わたしは、それが自然なことだと思う。
 女子の金メダリストと同じ演技をする男性や、男子の金メダリストと同じ演技をする女性がいたとしたら、「うわ凄いなあ!」とは思うかも知れないけれど、不自然すぎて、憧れたり尊敬したりするのとは違うだろうって気がするのよね。

 男の子と女の子には、どうあがいたって「違い」はあるわけで。
 なのに、「差別」と「区別」の違いもわからない人たちのために、小学校高学年にもなって同じ教室で一緒くたに着替えをさせられるんじゃ、子どもたちがかわいそうだ。
 お互いに「違い」があることをきちんと理解するほうが、相互理解のための早道だと思うんだけど、「ジェンダーフリー」を掲げてる人たちは、無視し続ければ「違い」がなくなるとでも思ってるのかなあ?


※サイト趣旨変更のため、楽天ブログより転記。(2008/12/23)
スポンサーサイト



テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

| ホーム |


 BLOG TOP