FC2ブログ

【カウンター】

2009/11/25からカウント開始♪
2006/09/01から2009/11/24までのカウントは不明★

プロフィール

ちな@水野智苗

Author:ちな@水野智苗
◎声優・ナレーター水野智苗(みずのちなえ)のブログへようこそ!
◎ブログのURLで飛んでいる数字のページは、その日付のスペースだけを下書きとしてキープしてあります。本文入力次第、随時公開予定。
◎ちなみに宣材写真は古いものです。たまにブログ本文に出てくるケータイ写真との落差に引かないでください……。
◎本業=声優・ナレーター・朗読ナレーション講師
◎副業=オフィスワーク系(電話OP・OA事務等)または接客系(いろいろ)
◎「いつか必ず本業だけで食べていけるようになる!」と信じて頑張りすぎないていどに頑張る、永遠の27歳。(←こら!)

【ちなのお薦め】

↓ちなのお薦めポイントサイトです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

梓薫忌 【Shikunki】

 一年なんて、あっという間に経ってしまうものですね。
 敬愛する栗本薫&中島梓さんが亡くなって、もう一年です。

 今年になって早川書房から出た薫さんの文庫(『グイン・サーガ・ハンドブックFinal』『心中天浦島』)の帯に「梓薫忌――栗本薫を偲ぶ」と書いてあって、その字面がしっくり来るのは当然としても、「しくんき」っていう音の響きも、なんだかとってもしっくりくるなあ、と思いました。

 去年、訃報を知ったのは翌27日の夜で、それから目を泣き腫らすほど泣きました。
 昨年12月には、グイン・サーガの最終巻となった130巻の、あまりの薄さに中身を読む前にまた泣きました。
 通常は4章で構成されるグイン・サーガなのに、130巻は2章までで途切れていたのでした。

 でも。
 130巻、というキリのいい数字が最終刊になったのは、とても薫さんらしいなあ、と思ったものでした。
 まだ手書きで小説を書いていらっしゃった頃、何気なく書き始めても、原稿用紙何十枚とか百何十枚とか何百枚とかキリのいい数字で、しかもその原稿用紙の最後のひとマスに最後の『。』が入ってきっちり書き終わる、というような話を、何かで読んだことがあったので、129巻でも131巻でもなく130巻が最終巻、というのは、いかにもだな、と。

 中島梓さんは、途中までは『JUNE』、終わりのほうは『小説JUNE』で、「小説道場」というコーナーをお持ちでした。
 それだけでなく、小説教室のようなものも開いていらっしゃったはず。
 その、お弟子さんや門下生の方などで、『グイン・サーガを』引き継ぐ方、いらっしゃらないんでしょうか。

 去年の日記ではそのままそっとして欲しい気持ちを書いたわたしですが、書店で立ち読みした新書版のあとがきで、誰かが引き継いでくれることを薫さんご本人が望んでいらっしゃったことを知って、考えが変わりました。
 最後の外伝の中で、鏡の物の怪に出会ったあと、いよいよわが子が産まれると聞いて、ハゾスと共に足を速めたはずのグインは、いまもその長い長い廊下を、悪夢の中を彷徨うように延々と歩き続けているのではなかろうか、と考えると、どなたでもいいから、早くグインの時間を――あの世界の時を、再び動かしてくれないかしら、と思います。
 まあ、どなたが引き継がれても、比べられる相手が、天才・栗本薫さんでは、さぞかしお辛い思いをなさるだろう、とも思いますが……(^^;

 とりあえずわたしは、2月発売だったのを知らなかったのでつい最近買ったばかりの『グイン・サーガ・ハンドブックFinal』を読みつつ、引き継いでくださるどなたかの出現を待っていることにします(笑)
スポンサーサイト



テーマ : 本に関すること - ジャンル : 本・雑誌

グイン・サーガ127巻 『遠いうねり』

 先日、作者の栗本薫先生がお亡くなりになったため、少なくとも栗本薫さんの手になるものとしては未完で終わることが確定してしまった大河小説『グイン・サーガ』の最新刊が発売されていたので、買ってきました。
 ここ数年は、偶数月上旬発行の『隔月刊』状態で、たいてい9日には都内で発売されるので(取手では10日以降にしか見たことないんですが)、上野駅構内の本屋さんで買ってくるのが習慣になっていまして、今日もそうしたんですが、この習慣が年内刊行予定の130巻で終了してしまうのかと思うと、とても複雑な気分です。

 中身については、未読の方のお目に触れると申し訳ないので書きませんが、今回もまた、「うわー、こんなところで終わられると続きが気になって仕方がないじゃない!」というところで終わっております。
 さすが「地獄のヒキ」の栗本先生です。

 この4月からNHKで放送されているアニメが、原作16巻までの内容ということで、現在、16巻までの文庫2冊分を1冊にまとめた新装版が発売されていて、それも今月あたり最後の7巻と8巻が発売のはず。
 いままで、「どうせ持ってる内容だし」と思って、書店であとがきのみ立ち読みしていたのですが、こうなってしまうと、やっぱり全部手元に揃えたいかも……?
 とりあえず明日、本屋さんに行って、その新装版7巻8巻が発売されていたら、少なくともあとがきだけは立ち読みしてきます。
 8巻まとめて購入するかどうかは、お財布と相談、かなあ……。

テーマ : 今日の一冊 - ジャンル : 本・雑誌

『豹頭王の花嫁』を読みたかった……

 評論家・中島梓さんでもあった、作家・栗本薫さんが、膵臓癌のため、2009/05/26夕方、お亡くなりになりました。
 56歳でした。

 わたしが初めて読んだ栗本さんの著作は、『グイン・サーガ』の第1巻。
 そのときすでに十数巻だか二十数巻だか刊行されていて、でもあまりの面白さに、書店に行くたびに5巻ずつまとめ買いをして、あっという間に最新刊に追いつき、伊集院大介シリーズやぼくらシリーズなどなど、ほかの作品にも手を広げつつ、グインの新刊を待ちわびる二十数年を送ってきました。
 その結果、わたしの書斎には、栗本薫&中島梓専用本棚が二つありますが、それすらいまにも溢れそうです。

 訃報に接して、最初は平気なふりをしようとしていましたが、やっぱり無理で、ダーリンの前で号泣しました。
 
 わたしが舞台にも立っていた頃に知り合った役者さんたちの数名が、天狼プロの舞台に良く出ている方々だったので、その中のお一人のバースデーライブに行ったとき、共通の知人の役者さんにご紹介いただいて、先生にご挨拶したたことがありました。
「わたしのワープロはセリエという機種なので、ジュスティーヌと名付けています」
 と告白して、
「まあ、この方、コアだわ」
 と驚いていただいたことは、一生の思い出です。
 2000年になったばかりの1月だったので、19……と書きかけてむりやりに2000年に書き直してくださったサインも、一生の宝物です。

 今年は『グイン・サーガ』30年の記念の年で、この春から半年の予定でアニメの放送が始まったばかり。
 アニメは当然物語の最初から始まったので、見ているとものすごく懐かしくて、久しぶりに1巻目からの読み返しをしようかなあ、などと思っていたところでした。
 そう思いながらも、最新刊の126巻を何度も読み返しつつ、偶数月上旬に上梓される新刊を待ちわびていました。

 いつまでも、隔月刊グインの発売日を心待ちにする日々を重ねていきたかった。
 最終巻のタイトルとして予告されていた『豹頭王の花嫁』に辿り着くまで、200巻でも300巻でも、リアルタイムで追いかけていきたかった。

 すでに書き上げられていたグイン・サーガは予定通り刊行されるようですが、早川書房によれば、その後の引き継ぎは未定とか。
 どんなに素晴らしい作家の方が引き継がれたとしても、「もし栗本さんなら……」と考えてしまうと思うので、未完のままでそっとしておいていただいて、読者一人一人がそれぞれに、自分の納得のいく物語を自分の心の中で紡いでいけばよいのではないかしら、と、個人的には思っております。

 心からご冥福をお祈り申し上げます。
 ヤーンの導きの元に……。

※注:「ジュスティーヌ=セリエ」……栗本薫さんのたくさんあったペンネームの一つ。ジュスティーヌ=セリエ作品の翻訳者であった「あかぎはるな」も、もちろん栗本さんのペンネーム。クイズ番組「ヒントでピンと」に出演もされていた中島梓名義のほうが一般の方には馴染みがあるのかも知れませんが、それ以外にも少なくとも三つのペンネームをお持ちで、今は無き『JUNE』の創刊当時、マンガ以外の部分の半分くらいは栗本さんが書かれたもので埋まっていたとか。

テーマ : 訃報 - ジャンル : ニュース

『前はマのつく鉄格子』

 先日買ってあった『前はマのつく鉄格子』をようやく読みました。(注:マは本当は○囲み文字です。)

 相変わらず、アニメとはどんどん離れていくような……。
 ま、それ言ったらスレイヤーズシリーズとかもそうですけどね。(スレイヤーズは先にアニメを見ていたから、ゼルガディスとかアメリアとかが1巻にしか出てこないことにびっくりしたものです。)
 世界観さえ壊さないでくれるなら、アニメはアニメでやりたいようにやってもらえればいいのかな、とは思いますが。
 とかいいつつ、アニメは第2シリーズの途中からすっかり見なくなってしまいました★
 まだハードディスクの中にデータはあるはずだけど、いまうちにあるHDDレコーダー3台とも、一人で操作できなかったりするので(^^;

 とりあえず、原作だけはしっかりついて行きます!

テーマ : 今日の一冊 - ジャンル : 本・雑誌

第1回三国志検定、3級受検!

 今日は、記念すべき第1回三国志検定の開催日。
 結局まったく勉強が進まないまま、ダーリンと二人で、東京会場(江古田の武蔵大学)へ行ってきました。

 オンラインで申し込みをしたときにふとそんな予感がしたのですが、会場に行ってみると、案の定、ダーリンと席が離れていました(泣)
 ほぼ同時に申し込みをしたので受検番号は連番だったのですが、わたしが列の一番後ろの席で、1番違いのダーリンは隣の列の一番前の席だったのです。
 ががーん。
 受検中は話ができるわけでもなんでもないけど、それでも近くにいたかったよぅ★(それにしても、どうしてこういう当たってもなんの得にもならないことばかり予感が当たるんだろう?)

 13時から受検の説明があり、ことば検定と同じくこの三国志検定も、問題用紙が回収されてしまうことがわかりました。
 あとで答え合わせができないので、できれば問題用紙は持ち帰らせて欲しいんですけど(^^;
 ネットで公開されちゃったりすると、あとで問題集とか出すときに支障があるから、でしょうかね?

 ま、ともかく、13時10分、受検開始。
 問題用紙に目を通して、唖然としました。
 60分で全100問、そのすべてが『三国志演義』からの出題だったので。
 『三国志検定』と名乗るのなら、半々とは言わないまでも、2~3割くらいは『正史』である『三国志』のほうから出題して欲しかったです。

 結局、この検定の、少なくとも3級の受験対策としては、演義の直訳をもう一度読み返しておくべきだったのだな、とわかりましたが、もちろん後の祭り。
 うろ覚えの記憶ですべての設問に解答したあと、これは100%自信を持てる、という問題に○を付けて数えてみたら、6割くらいにしかなりませんでした。

 あとは推理や勘で答えた部分がどのくらい当たっているかどうかで合格できるかどうかが決まるわけですが、正直、自信がないです。
 やっぱり、うろ覚えの知識ではどうにもなりませんね、これは。
 ここのところ、語検の2級と1級、ことば検定2級と、立て続けに一発合格で来ただけに躓いたのは悔しいですが、第2回は来年の夏に開催予定らしいので、それに向けて頑張ります。(←って、まだ落ちたと決定したわけじゃないのに★)

   呂布(NHK『人形劇三国志』より)

 写真は、会場の入り口に飾られていた、川本喜八郎さんの手になる呂布の人形。
 もちろん、NHK『人形劇三国志』の人形です。
 もうちょっと近くで撮りたかったけど、人が多くてなかなか(^^;

 取手駅まで帰ってきて、駅ビルのスタバで一休み。

   スターバックスのキャンドルケーキ

 一つのケーキをダーリンと分け合って仲良く食べました。
 と言っても、ほとんどわたしが食べたんですけど(笑)

テーマ : 三国志 - ジャンル : 学問・文化・芸術

『彩雲国物語 黒蝶は檻にとらわれる』

 楽天ブックスで予約しておいて数日前に届いていた『彩雲国物語 黒蝶は檻にとらわれる』を、『グイン・サーガ』最新刊を読んだ勢いで、ようやく読みました。

 また相変わらず大変なことになってますな、このヒロインは……。
 ていうか、鳳麟――。

 なんかもう、何を書いてもネタバレになりそうなので詳しくは書きませんが、とにかく早く続きを読みたい! です。

彩雲国物語  黒蝶は檻にとらわれる (角川ビーンズ文庫)彩雲国物語 黒蝶は檻にとらわれる (角川ビーンズ文庫)
(2008/11/29)
雪乃 紗衣

商品詳細を見る


 ほかの本を読む暇があったら『三国志検定』の公式テキストを読めよ、というツッコミはナシの方向で。
 テキストは持ち歩いているんですが、なぜか読み進められないんです(>_<)
 たいして読みにくい本でもないのに、いやむしろとても読みやすい本なのに、なんででしょう?
 「試験勉強」と思っちゃうからいけないのかな……。

テーマ : 読書記録 - ジャンル : 小説・文学

グイン・サーガ124巻 『ミロクの巡礼』

 あ、そう言えば今日って、偶数月の10日じゃん!
 というわけで、副業その1帰りの上野駅の本屋さんで、グイン・サーガ124巻『ミロクの巡礼』を買ってきました。
 帰りに一応、取手駅ビルの本屋さんもチェックしてみましたが、まだ平積みになっていなかったので、上野で買ってきて正解でした。(もし駅ビルにあったら、ポイントカードが使えるぶん悔しいところでした(笑))

 1年前に大病をされた栗本薫さんが、それでもまだ隔月刊で『グイン・サーガ』を執筆なさっているというのはすごいことだと思います。
 今回はあとがきに若干のネタバレを含んでいたので、いつもの通りにあとがきから先に読んだわたしは最後の展開の察しがついてしまったのですが、そのぶんを差し引いても十分に面白かったです。
 いや、正直、途中のダネイン大湿原観光は、ちょっと退屈しましたけれども。

 それにしても、このあとスーたんの運命がどうなるのか、気になるところです。


ミロクの巡礼 グイン・サーガ124 (ハヤカワ文庫JA)ミロクの巡礼 グイン・サーガ124 (ハヤカワ文庫JA)
(2008/12)
栗本 薫

商品詳細を見る

テーマ : 今日のイチオシ☆ - ジャンル : 本・雑誌

『日本一やさしいフリーのための確定申告ガイド』

 しばらく前に買ってあった、 『日本一やさしいフリーのための確定申告ガイド』を、一気に読破しました。
 この場合の「フリー」は「フリーランス」のことです。念のため。
 いや、前に「わたしはフリーだから」と言ったら、「だんなさんが居るんじゃなかったの?」って言われたことがあるので、世間的には、フリー=彼氏彼女配偶者の居ない人、という定義なんだなあ、と(笑)

   
日本一やさしいフリーのための確定申告ガイド―「白色」「青色」両対応!!日本一やさしいフリーのための確定申告ガイド―「白色」「青色」両対応!!
(2007/12/15)
はにわきみこ

商品詳細を見る


 まあそれは置いといて。
 声優・ナレーターも、もちろんフリーランサー。
 プロダクションには所属しているわけじゃないから、もらっているのは「給与」ではなく「報酬」。
 この本は、そんなわたしたちのためにあるのです。

 いままで面倒がって白色申告にしてきたけど、赤字が3年繰り越せるというメリットもあることだし、来年から青色申告にしてみてもいいかなあ、と思い始めました。
 一応わたしもパソコンを使えるんだから、会計ソフトを導入すればたいした手間じゃないはずですものね。
 まあ、その前に、まだやってない去年の分の還付申告と、今年の分の確定申告の準備を進めるのが先ですが。

テーマ : 声優・ナレーター - ジャンル : アイドル・芸能

「三国志検定」締め切り延長!

 今日は、三国志検定締め切り日でした。
 ダーリンと二人で申し込むつもりだったのに、ダーリンったらはやばやと寝ちゃった(^^;
 勝手に申し込むわけにもいかないしどうしよう、と思いながら公式サイトを見たら、締め切りが「ご好評につき」1週間延長されていました。
 日本語検定の時もそういえば「ご好評につき」って言って締め切りを延長していたっけ。
 というわけで、1週間の余裕ができました。
 そのあいだに、ダーリンと二人でほぼ同時に申し込みをしないと!
 受付番号(受検番号)が連番にならないと、席が離れてしまってわたしがさびしいから(爆)

テーマ : 資格取得 - ジャンル : 学問・文化・芸術

三国志検定って知ってます?

 「三国志検定」というものが、今年初めて行われるそうです。
 試験日が12/14で、申し込み締め切りが11/17。
 いま受検しようかどうしようか迷っています。

 今回は3級と2級が実施されるそうで、併願もできるのですが、この2級というのが、例題にチャレンジしてみたら、結構難しいんですね(^^;
 もし受けるなら今回は3級のみにしておこうかな、とか、いやそもそもことば検定のときと同様に今回も勉強の時間があまり取れないのがわかっているんだから受検自体を見送るべきか、とか、悩んでおります。
 曲がりなりにも、大学で中国古代史を専攻し、正史『三国志』で卒論を書いた身なので、もし落ちたら格好悪いじゃないですか(笑)

 でも、3級は、正史と演義の基本的な知識があれば、なんとかいけそうなんですよね。
 2級のほうは演義以外の文学の知識も必要なので、どちらかというと、中国史専攻より、中国文学専攻の人のほうが有利かも?

 まだ締め切りまで1週間あるので、もうちょっと悩んでみます。

テーマ : 司法試験・資格試験・語学試験 - ジャンル : 学問・文化・芸術

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE